ダイハツ期間工で正社員登用試験を受けたい!期間工の勤務態度がチェック対象

期間工として仕事をしていてもいずれは正社員に!と考える人も少なくないでしょう。
ダイハツの期間工から正社員には、もちろん登用制度はあります。しかし、簡単ではありません。

ダイハツ期間工から正社員登用試験をうけるには上司の推薦が絶対条件

サチコ

学歴や成績を見ているわけでもありません。期間工としての勤勉さや姿勢を見ていますので勤務中も真面目に勤続することが大切です

期間工のお得情報なら

※稼げる案件はすぐになくなるから急いで!

服装や髪型には気をつけましょう

正社員にもピアス痕のある人や髪が茶色い人もいますのであまり神経質になることはないですが、社会人としても身なりは最低限整えておかないと印象が悪くなってしまいます。

挨拶をしましょう

社会人としてこれも当たり前のことですが挨拶としましょう。会話の出来る人はコミュニケーション力もある人です。

遅刻や無断欠勤はNGです

遅刻や突発的な欠勤は厳禁です。早めの行動を心がけるようにすれば遅刻することもありませんし仕事の効率もよくなり印象もよくなるでしょう。しかし、本当に体調が悪いのに無理をしてしまうもの問題ですので、体調管理にも気をつけましょう。

ダイハツの期間工での正社員登用制度は池田工場にあり、正社員になれば給料面や有給など明らかに待遇は変わってきます。会社にとって有利になる人を選ぶのはどこの企業でも同じですね。

ダイハツ期間従業員の倍率は?


ダイハツの期間従業員が社員登用になる倍率ですが、他社のようなはっきりとした記載はありませんが、狭き門といって良いでしょう。

その狭き門の中でも条件が更にあり、まずはきちんと仕事をこなしていることがいえます。
その上で日頃の努力を惜しまないで意見をきちんと言い、何事にも積極的であることが大事です。

勤務態度が悪いと査定の土俵にも上がれない

遅刻、早退、欠勤がないことはとても大切になります。
同僚や後輩、先輩や上司とのコミュニケーションをきちんととっていること。

サチコ

社会人としての常識ある行動を取ることも大事なポイントです。
また肝心なのは上司からの推薦を得られることが大事になってきます。

ダイハツ期間工の正社員登用試験のチャンスは少ない

ダイハツで期間工の正社員登用試験の日程は、毎年変わることもあり、発表も年々変わります。
期間工の面接の時には社員登用試験の詳しい内容を聞いておくことは大切です。

サチコ

試験自体は会社の実績に応じて実施されるので、1年に1~2回と言えます。オリンピックに向けての好景気需要で正社員の需要が増える良いタイミングですね!今、期間工になり、波に乗りたいですね。きちんと準備をしてから試験に臨みましょう。

合格する為に必要なスキル

合格するためには、基礎学力は必要です。
漢字を読み書きできる国語と計算式を解く算数ができて、仕事や性格の姿勢を見せるためのSPI検査をクリアできることが必要です。

ダイハツの期間工が正社員になるためにうける試験の内容

個人か集団かは工場などでも変わりますが、上司に相談してどのような傾向があるか必ず知っておいてください。

面接を受けて将来のビジョンなどを聞かれたり、志望動機を聞かれますからきちんと返答できることが必要です。

筆記テスト

すでに期間工として内定が出ていても、再度書類選考や筆記試験があります。

サチコ

どんな場面でも積極性が大事ですから、きちんとした対応が求められます。
その時だけでなく、普段からの行動や言動は気をつけないといけません。