ダイハツ期間従業員のシフト一覧!勤務時間は8時間未満!長期休暇が多い職場

ダイハツでは基本的にはシフト制になっていますが、若干配属先の取り決めで異なります。

採用研究をしているサチコ

常昼勤務とシフト制に分かれていますが、メインはシフト制でしょう。

ダイハツ期間従業員のシフト

交代制の仕事になっていることから、日勤夜勤のシフト制になっています。

シフト

  • 基本的に常昼勤務は8:15~16:55
  • 実働7時間70分
  • 連続2交代制の場合、早番6:30~15:10 遅番16:10~翌0:50
  • 実働7時間35分
  • 昼夜2交替の場合、昼勤8:15~16:55 夜勤21:00~翌5:50
  • 実働格時間7時間50分

サチコ

配属の職場にもよるので、面接のときに確認してくださいね。
時間外には時間外手当、深夜には深夜手当が付くのでよくあるサービス残業などはありません。手当の心配はありません。
GW、夏季、年末年始の休日もきちんとしていますので安心です。

期間工のお得情報なら

※稼げる案件はすぐになくなるから急いで!

ダイハツ期間従業員の長期休暇は?

サチコ

ダイハツの期間従業員には長い休暇があります。
有給休暇を取ることも可能ですが、その他にGW休暇、夏季休暇、年末年始休暇がきちんとあります。
GWやシルバーウィーク、年末年始などは完全に工場がストップするので、超大型連休も見込めます。

大型連休が期間従業員にも見込めるので、安心して帰省や旅行な度を楽しむことができます。
長期休暇でリフレッシュして、日頃の身体の疲れを癒してみることができます。

ダイハツの期間従業員は、大型連休を取ることが可能なのでその点安心できます。
工場内がストップす流ことによって、大いに長期休暇を楽しむことができるでしょう。

長期期間中に出金があった場合は?


仮に長期休暇の際に出勤があった場合は、休日の特別手当がもらえます。
それは土日やカレンダーによっての休暇の出勤によるものです。

休日

休日の多くは土日休みになっている工場が多いですが、中には「会社カレンダーによる」となっている工場もあります。
募集の際にはきちんと確認をしてから応募すると良いでしょう。
繁忙期や生産が追いついていない時期には、中には休日出勤や時間外労働が増えることもあります。

ダイハツ期間従業員の仕事内容は?

仕事内容

  • プレス= 金属板を機械にセットして機械を操作をします。
  • 溶接= 機械の操作がメインです。
  • 塗装= 機械でできない部分の塗装をします。
  • 組立= 内装やバンパー、エンジンなどを組立、自動車に仕上げていきます。
  • 検査= ブレーキ、排気ガス、水漏れ、ライトなどを目視できちんと検査します。
  • 鋳造= 金属を溶かして型へ流し込み、エンジン部品を作ります。
  • 暑さが厳しい作業になっています。
  • 機械加工= エンジン部品を機械で加工していきます。
  • 組付け= エンジンを組立てて組み付けをしていきます。

 

サチコ

期間社員はこうした工程に配属され、作業をすることになります。
慣れるまではきつい仕事ですが慣れることが大切です。

全て1人ではなく、配属先で変わりますからそこは無理せず頑張りましょう。