ダイハツの期間工から正社員へ!今からでも間に合う?試験を受ける条件

ダイハツでは、正社員登用されると社内報に顔と名前が載ることになります

採用研究をしているサチコ

これに載れば「正社員になれたんだ」と期間工時代から頑張ってきたことが報われたことを実感できるそうです。
20代でも多いのですが、登用しやすい年齢もあるので数年計画で考えてみてください。

正社員登用試験に合格するための条件

正社員になるためには、

必要なもの

  • 期間工としての勤続年数
  • 年齢
  • 日頃の勤務態度の評価
  • 上司からの推薦

全てそろう必要があります。

期間工のお得情報なら

※稼げる案件はすぐになくなるから急いで!

正社員登用試験の年内実施回数

試験の回数は各メーカーで異なります。

サチコ

ダイハツは正式な要項が公表されていないので、期間工になってから確認が必要です。ただし、同規模の自動車メーカーは年に一度若干名を採用しているため、非常に狭き門だということは忘れないでください。

トヨタの場合

例えばトヨタは期間工から正社員への登用が自動車業界で最も多く、年に4回も実施するようです。

ダイハツの期間工が正社員登用テストを受けられる年齢は30前半まで

ダイハツでは、上司から「登用試験を受けないか」と声がかけられるのは、30代前半くらいまでです。
30代後半以降で推薦をもらおうとするのであれば、相当な努力が必要になると考えられます。

正社員登用試験に合格したら仕事の内容はどう変化する?

正社員になることで仕事の幅は広がります。

ライン作業から、システム開発、開発、設計など仕事の幅が広くなります。

サチコ

ただし開発や設計等は大学院卒の研究スタッフが中心となっているため、期間工のスタッフを束ねる現場リーダーからのスタートというのが通常スタイルです。

適性が合えば期間工から営業職も


営業などの仕事もできるようになり、お客様と対面でお仕事ができるようになります。
仕事の幅は大きく変わってくるとも言えます。
それは男女ともに言えることですが、頑張りが身になり今後今までの努力が身になります。
ライン作業で身についたことが活かせることになるでしょう。

正社員は今以上のスキルアップを求められる!

今以上に努力が必要になりますから、持っている力をフルに出して仕事に取りかかれます。
天狗になることなく、真面目に取り組むことで役職になることも可能ですから、頑張って上を目指すことも良いでしょう。

正社員になったことをきちんと自覚して、新しい仕事に取り組んで行くことが良いです。
正社員になることで、他の期間工で同じ道を選ぼうとしている人の手助けもできるでしょう。
今度は後輩を助ける番になりますから、手を差し伸べてみてはいかがでしょうか。

正社員としてボーナス支給対象に!

給料面では、正直最初の数年は期間工時代とそれほど大きな違いを感じないかもしれません。

サチコ

というのも、期間工はもともとが好待遇だからです。

正社員になることで、合格したらボーナスの対象にもなります。各保険加入はもちろんのこと、退職金の対象になります。
ますます努力をして役職を目指し優しい上司になって気持ちがわかる上司になってくださいね。